健康と美容の能見台クリニック

能見台クリニック

健康を重視し、中から肌を快復させるためのクリニック。自然治療を目指しています。病気に負けない体作りを行いましょう。

肌の回復のために

読了までの目安時間:約 1分

肌の回復には時間がかかります。

もしニキビやキズができてしまったときには、炎症などを抑えることがまず大切になります。

そしてある程度治ってきたら、炎症した部分へ触れるのはやめてその部分が回復するのを待つほうが賢明です。

下手に触れてしまうと、傷跡を深くしたり、広めてしまうことになりかねません。

一番の良い方法は睡眠をたっぷりとること。

身体が回復するのと同時に肌も回復しているからです。

つぎに食事ですが、野菜をたくさん食べて、ビタミンを補充することも大事ですが、たんぱく質もちゃんと摂るようにしましょう。

たんぱく質は肌の素となっています。

不足すると充分な回復は見込めません。

もし可能であれば、簡単な運動をして全身の血行をよくして、肌にも充分な栄養がとどくように心掛けるとよいでしょう。

attractive-19161_150

肌が傷んでしまうときには

読了までの目安時間:約 2分

肌が傷んでしまうときには事前にサインを送っています。

 

かゆみや痛みがそのサインです。

 

ニキビができてしまったとき、かゆみや痛みがあって気付くという場合も多いでしょう。

 

サインが軽いからといって放っておいてはいけません。

 

軽い症状のうちに対策することが大切です。

 

そうすれば、症状が広がることを防げるでしょう。

 

皮膚は傷んでしまった部分があると、そこにつられて問題のない部分にかゆみや赤みが広がってしまうことがあります。

 

そしてかゆみや赤みが出てしまった部分を掻いたり、触ったりしてしまうことでダメージができてしまうのです。

 

症状が軽いうちに、傷んでいる部分が小さいうちに治してしまうのが得策です。

 

かゆみがでている場合は応急処置として冷やすのがよいでしょう。

 

落ち着いたら、かゆみの原因をゆっくりさぐっていけばよいのです。

お酒を飲むときの注意点

読了までの目安時間:約 2分

お酒を飲むときに美容のために注意したいことは何点かあります。

お酒は許容量を超えて飲んでしまったり、飲んでからすぐ眠ってしまうと体内でホルムアルデヒドという毒に変化してしまいます。

これは身体に悪いこともあって、当然肌にも悪いものです。

この毒は悪酔いの原因にもなってしまいます。

飲み過ぎたと思ったら、水分やお茶をたくさん飲み、体内から排出するように心掛けるとよいでしょう。

飲んでから1~2時間くらいは起きていて、アルコールが体内から抜けるのを待つことも有効です。

日本人のお酒の平均的な許容量は日本酒で1合程と言われています。

ビールだとジョッキ1~2杯になります。

体質によってはもっと少ない量でも悪酔いしてしまうことがあります。

たまにはめをはずすのはいいとしても、日ごろから体調を自己過信せず、酒量をコントロールしましょう。

お酒の種類としてはビールよりは焼酎やウイスキーの方が糖質を含まず、太りにくいと言われています。

water-69742_150

肌を健全にするために

読了までの目安時間:約 1分

こんばんは。

肌を健全に保つためには、まず生活改善が必要です。

まずは睡眠です。

可能であれば夜10時にはベッドに入れるといいですね。

朝もいつまでも寝転がっていないで6時ころには起きていた方がいいでしょう。

食生活もバランス良く考えなければいけません。

痩せたいからといって野菜ばかりを食べていると、肌の素となるタンパク質が不足してしまいます。

何事も極端にするのではなく、食べすぎず、食べなさすぎず、ほどほどを目指しましょう。

量も腹8分に。

いつもお腹いっぱい食べてしまうという方は、最初難しく感じるかもしれませんが、1週間もすれば腹8分が当たり前に感じます。

睡眠と食生活が整ってくれば、精神的にも安定し、それが表情にも表れてきます。

肌の健全化には精神的な面からも影響ありますからね。

sleep-264475_150

アトピーの原因は解明されていない

読了までの目安時間:約 2分

アトピーの原因は免疫が弱いためとか、遺伝とか言われていますが、結局のところ原因は解明されていません。

一番可能性があるのが、免疫にあると思っています。

 

 

アトピー体質の共通点は生まれつき免疫が他の人より弱いためです。

大人になって免疫が上がったことによってアトピーが治った人もいれば、

毎日海水浴をしているうちにアトピーが治った人もいるようです。

 

 

このように、アトピーと免疫は密接に関係しています。

症状が良くなるからとステロイドを処方する医師もいますが、

ステロイドは免疫を低下させるので、アトピーにとってはマイナスです。

 

 

アトピーについて詳しく書いてあるサイトがノンアトピーライフというサイトです。

こちらでアトピーについて勉強してみると良いでしょう。